ビリヤードにおいて、通常のショットで組むブリッジには正しい高さというものがあります。

適正な高さを知らないことは、ビリヤードのショットをする上で様々な問題が起こります。

ビリヤードの上達には欠かせない要素ですので、自分で確認しながら練習しましょう。


1.ブリッジの高さと撞点の関係

どの種類のブリッジを組むにしても撞点によって最適な高さは変わります。

考えなくてはならないのはキューレベルについてです。




なるべくキューレベルを水平に保ち、狙った撞点に対して水平に撞くことができれば最短で効率よいショットができます。

そのために、撞点に応じてブリッジの高さも変えていくことが求められます。

特に、撞きづらい配置でもないのにブリッジを高くしてキューにかなりの傾斜をつけて引き球をしようとするプレーヤーを見かけますが、上記のとおり理論的にはナンセンスです。

そんなに極端ではないけれど自分もそうしていたかもしれない、という人は次にビリヤードするときはその点に気を配ってストロークやフォームを再確認してみましょう。


2.正しい高さの基準を身に付ける

通常のショットでは、ブリッジの支点(スタンダードブリッジだと人指し指で作る輪)と撞点が同じ高さにあるのが正しいブリッジと言われます。

真ん中の撞点を撞く、いわゆる芯撞きの高さを一つの基準として正しいブリッジの高さを身に付けましょう。

ブリッジの正しい高さを身に付けようとする場合、前提となるのが水平なストロークです。

例えばキュー尻が高くキューに傾斜がついているフォームだと、ブリッジが正しい高さでも撞点はさらに下になってしまいます。

水平に振れているけれども、自分では正しい高さにブリッジが構えられているか不安だというプレーヤーも多くいるでしょう。

自分では真ん中の撞点でストロークしているつもりが、思ったより上に構えていたというのはよくあることです。

プレーヤー自身が斜め上からブリッジを見ているために起こる現象です。

それを防ぐために、他人に横から見てもらうのが良いでしょう。

真ん中の撞点がかなり低く感じられると思いますが、その高さを身に付けて基準にすることでブリッジの高低の判断がついていくことでしょう。

レールブリッジについては支点の高さが固定されており、撞点を変えるためにはキューの傾斜を変えないといけませんのでこの限りではないですが、自分のなかで基準となる撞点を持つことは他と変わらないです。

いかがだったでしょうか。

スタンダード、オープン、いずれのブリッジにせよ一つ正しい高さの基準を作ることで撞点に不安がなくなり、上達へ一歩近づくことでしょう。